◎ヨガと暮らし ◎♡⃛

◎yoga&Life◎インドで伝統的なヨガを学び、和歌山でお伝えしております。◯ヨガと食とアーユルヴェーダ◯△◻︎

ヨガをする ということ

f:id:nozoka_k:20180828074927j:image

 

ヨガをするということ

という記事を書きたくて

でも難しい言葉は使いたくないし、自分の言葉でかきたい。

うまくまとまらずに何回も消しては保存して、を繰り返してもうやめておこうかなとも思いましたが、やっぱり書いておきたいので書きます☺️

 

一般的に、

ヨガをする、ヨガをしていると聞いたら

まずはポーズを思い浮かべますよね。

 

なんだかお洒落なウェアを着て、鏡の前でかっこよくポーズをとったりして、

これどうなってるの!?っていう難しいポーズをしていたりして…?

体が硬いとできないのー?なんて思ったり。

 

テレビや雑誌の影響などもあると思いますが、

きっとそれがヨガをする、ということに思われがちな気がします。

 

実際、ポーズ(asana)をします。

長く続けていると難しいと見えるポーズもできるようになる人もいます。ですがそのポーズをすることだけがヨガではありません。

 

 

自分が本当にしたいこと、わくわくすること。好きなこと。

それが音楽だったり、武道やスポーツだったり、芸術だったり、、、

自分を思いっきり表現するために

生まれてきているんです。

それが何かも知っているのです。

 

でも色んな情報やしがらみや固定概念に、

心が覆われて覆われて、殻が何重にも重なって、みえなくなってしまっている。

そんな纏わり付いている殻を一枚ずつ剥がしていく。

それがヨガアーサナ(ポーズ)です。

 

ピンとこないかもしれませんが、

ヨガアーサナの練習をする時には、

普段の考えは捨てて、空っぽになります。

最初は難しいですが、慣れてくるとそれが心地よく自然な自分だと気付きます。

空っぽになってヨガアーサナをする、自然な自分でいる練習をすることで、自然と不要なものが落とされていきます。

 

 

ヨガをする ということ。

ヨガは生き方。

何の殻もない自分で生きていくことが、ヨガです☺️

 

 

 

ありのままの姿が

強くて優しくて美しい。

 

自分に正直に生きよう✨

 

希佳